読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rickdom

東京とチェンマイを行ったり来たり

ベルハー初見の人の感想 その2

Shallow Grave Vol.3を見たミュージシャンの泉水マサチェリー君の感想です

ベルハー見た。こくまろさんにお誘い受けて。

客席は熱狂の渦。普段、斜に構えてるはずのこくまろさんも号泣してた。

まだ、あんまり消化できてないんですけど、何か感情を解き放つためのシステムみたいだった。

もう、歌はド下手だし、死んじゃうんじゃないかってくらい
一生懸命踊るメンバー見てると不思議と感動しました。

ちなみに言っておくと、僕は、超アイドルとかに距離あるタイプです。
思春期にモテなかった反動で、オタクっぽいものを好きになることにアレルギーがあるんです。
でも感動しました。

見てる間、ずーっと考えていたのは、ボカロとかオートチューンのこと。

「あぁやっぱり俺はむき出しの歌が好きだったんだよな。」って帰り道に思いました。

上手な歌が聞きたきゃ、徳永英明でも聞いてりゃいいいし。まぁいっぱいいますよね。

結局その瞬間のマックスを叩き出してる人が見たいんだろうなって思います。
それは、もしかしたら音楽だけじゃないかもしれませんけど。

こくまろさんは苦手って言ってたけど、ブルーハーツフィッシュマンズ電気グルーブも、自分が影響受けたアーティストは、歌が上手いわけではない。

でも、その瞬間の全力を出すことにとっても長けた人たちじゃないかと思っています。

上手くて好きな人ももちろんたくさんいますけど。

まじ、歌なんて、なんでもいいんだよ!ウタモノとか言ってどうでもいい!
って気持ちはいつもあります。

今後、ベルハーにハマるとか、現場に足繁く通うってことはないとは思いますけど、そういう気持ちを忘れかけたらぜひ見に行きたいなって思っています!

終演後飲みながら語り倒しました
「感情を解き放つためのシステム」ってのはいいフレーズだと思います。さすがラッパー
ハマりはしなくても刺激になってくれたらうれしいです

感想シリーズまだ続きます



f:id:tagkaz:20161113110703j:plain
www.brgh.tokyo
12月22日のワンマン、ぜひ来てください!!