rickdom

東京とチェンマイを行ったり来たり

2019年4月期アニメ1話感想

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO ☆☆☆
なんか聞いたことあるタイトルだなと思ったら動ポモで東浩紀が言及してた古のエルフのエロゲかよ!!!やろうと思いつつ結局やらなかったやつだから助かる。千代丸印のOPさいこう

■八十亀ちゃんかんさつにっき ☆☆
名古屋弁いじり萌え4コマ。いまどきの名古屋の女子はミャーミャー言わないよね(5分)

■みだらな青ちゃんは勉強ができない ☆☆
男なんか大嫌い潔癖少女青ちゃんの父親はどエロな官能小説家。でもひょんなことから告白されて、、、微エロラブコメか。OPはわりといい(12分)

■ひとりぼっちの○○生活 ☆☆
超絶コミュ障の主人公「一人ぼっち」ちゃんがはじめての友達作るまでの1話。まあでもほのぼのJC観察枠なんだろうな。声がざーさんクローンだなあ、、

川柳少女 ☆☆
口下手少女(ざーさん)と不器用ヤンキー。王道だなあ、、、(12分)

フルーツバスケット ☆☆☆
動物人間と少女のラブコメなのかな?調べたら結構有名な作品の二度目のアニメ化みたい。おもしろそう

■超可動ガール1/6 ☆☆☆
美少女フィギュアが動き出した!ストーリーもキャラデザインも令和とは思えないアナクロさ。でもそこがいい。ヒロインの声優木下鈴奈が変な声系で注目、新人かと思ったら結構ベテランなんだな。A応PのOPもよい(12分)

この音とまれ! ☆☆☆
箏曲部、、、まあ1話はテンプレ部活ものだったな。蒼井翔太のOPが気持ち悪いけど癖になりそう

■女子かう生 ☆☆
ふともも……。(5分)

ぼくたちは勉強ができない ☆☆☆
なるほど少年ジャンプなテンプレハーレム。ヒロインまだまだ増えそうだな

■フリージ ☆☆
UAEで国民的人気という3Dアニメーション。ラマダン、礼拝などはもちろんだけど笑いのツボに圧倒的な異文化を感じた。おもしろいかと言われると微妙だけどとても興味深かった
しかしなんでMXの深夜アニメ枠で放送してんだろ。UAEの観光局あたりが枠買ったのかな

■MIX ☆☆
「タッチ」の30年後か、、、あだち充伝統芸能って感じだなあ

鬼滅の刃 ☆☆☆
家族を鬼に惨殺された少年、唯一の生き残りの妹は鬼になっていた、、時代は江戸くらい?の伝奇もの。おもしろそう、てかこれも少年ジャンプなんだ


■群青のマグメル ☆☆☆
冒険者たちの心までも蝕む凶悪な怪物が跋扈する新大陸という設定がおもしろい。中国の漫画家が原作なんだな。OPは風男塾か、、、

■消滅都市 ☆☆☆
原作はスマホゲー。近未来SFぽいけどおもしろくなるかは微妙。EDで流れた花澤香菜のSwallowtail Butterfly ~あいのうた~はあざとすぎる。完全に虚を突かれた。

■真夜中のオカルト公務員 ☆☆☆
妖怪変化(アナザー)の言葉がわかる新人が主人公のゴーストバスターズものかな。新宿をかなり忠実に再現した背景だけで萌える。

■Fairy gone フェアリーゴーン ☆☆☆☆
中世ライクな異世界で、妖精を体内に入れてスタンドのように戦わせる妖精兵たちのドラマ?P.A.Worksの絵作りがかなりすごい。期待

■洗い屋さん!~俺とアイツが女湯で!?~ ☆☆
僧侶枠か? いま話題の銭湯舞台に地上波じゃあかん中学生エロ

■なんでここに先生が!? ☆☆
上坂すみれ「ボン♡キュッ♡ボン」のやつ。しかし最近なんのひねりもないエロが辛くなってきた、、、、
関係ないが「パラレルパラダイス」のテレビスポットはじめて見た!

異世界かるてっと  ☆☆☆
このすば、幼女戦記、オーバーロド、Reゼロのキャラを混ぜたギャグ。まあ二次創作と思えば、、、 EDのヒャダ曲はよい(15分)

■キャロル&チューズデイ ☆☆☆
渡辺信一郎作品にはつまらない理由から来る複雑な感情を抱いておりあまり好きじゃないのだが、しゃらくさいこと抜きで王道サクセスストーリーを作ろうとしているであろう本作はかなり好ましく感じた。

八月のシンデレラナイン ☆☆
テンプレ部活ものなんだけど、野球はこのフォーマットに向いてない気がするなあ、、、展開が遅すぎて見てらんない。EDは「どんなときも」カバー

■なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- ☆☆☆
DMM発の女性向け仏擬人化ソシャゲ案件。基本女性向け苦手だがこれはイケる気がした。推し仏は虚空蔵菩薩(CV:谷山紀章

■RobiHachi ☆☆
バディーものスペオペに合体ロボ成分を混ぜてみた感じ。衣装や台詞回しなどすべて古すぎて狙いにしてもキツすぎる無理。串田アキラ引っ張り出してくるのもなんというか、、、

■ノブナガ先生の幼な妻 ☆☆
モテない教師ノブナガの元にタイムスリップしてきた斎藤帰蝶(後の織田信長正室濃姫)ちゃん14歳!!まあ空から美少女が降ってきたの亜種か。OP見るとハーレムになるのか

ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ! ☆☆
3期かと思ったら股監督関係ないスピンオフギャグ(15分)かよ!とはいえ石田燿子OPはあがるな。3期は来年やるらしい、、

ワンパンマン(第2期)  ☆☆
1期は1話で切っちゃったけどまあおもしろいのはわかってたので今期は見るものなければ見るかな。JAMプロだけは好きになれない、、

■世話やきキツネの仙狐さん ☆☆☆
いやあ、これはちょっと、完全に主観AV(もふもふ)だよこれ、、見続けたら人間がダメになる気がする、、、
OP・EDともにあざとくていいけど。和氣あず未片桐早苗さんなのね

■賢者の孫 ☆☆
ここまで異世界転生ものなかったから冒頭交通事故で「転生だ!」って叫んじゃったよ。転生後も王道のチートで魔法学園入学、と。安心感すら感じるなあ。

文豪ストレイドッグス(第3シーズン) ☆☆
文豪の名前につい気を取られちゃうけど気にしなければ普通の異能バトルだということにいまさらながら気付いた。中原中也さんの声ぜったい岡本信彦(一方通行)と思ったら紀章さんだった、、、

■さらざんまい ☆☆☆☆
これはーーー!!!!!!!!! 圧倒的記名性にもはや口を開けはなすのみ。この時代に生きててよかった

今日のABLETON LIVE その6

引き続きWARPの練習ということでベルハーの曲をいくつか取り込み設定
4つ打ちは問題なくあうんだけど「ホーネット’98」みたいな生楽器かつちょっとひねったリズムや構成のやつは難しい。リズム感と慣れが必要だ
ただ、曲全部ではなく1部分を切り抜いてループにするのはまあ簡単かな

f:id:tagkaz:20181206203753p:plain

打ち込みドラムやありものループなど入れて並べる


メガミックステスト版
PUSHで抜き差しするだけで楽しい
もちろん単に並べただけなのでこれだけでは未完成。バランスや使いどころ、構成の吟味などいじるところはたくさんある

ここからDJセットにもメガミックスにもマッシュアップにも育てていけるはず
とりあえずしばらくはこのセットを元にいろいろいじってみるわ

今日のABLETON LIVE その5

レコードからのループサンプリングの練習

f:id:tagkaz:20181205202919p:plain
なんかずれている
レコードからサンプリングして後からWarpを入れるとおもったところできっちり4小節にならなくて苦心する

うまくいかないので4小節分のinからoutまでを決めてSimplerへ

f:id:tagkaz:20181205202947p:plain
Simplerに移動
ここからWarpを入れると4小節になるが釈然としない
あとループの前後に微妙に音がかぶったりしてる




Ableton Live Tutorial - Warping Full Tracks (the right way) w/ !banginclude
これを何度も見直す

デフォルトでWarpを入れると失敗することもあるから、最初のキックを1.1.1にしてそこからWarpするのが正解ぽい


How to correct warping problems in Ableton Live - getting the tempo and warping right
あとBPMがずれた場合はTAPであわせるテクも役立ちそう


Ableton Live Tutorial: Intro to Warping + Slicing Audio - Thavius Beck
Warpマーカーで印つけた場所でスライスしてDrumRackにぶちこむという使い方も


ここはいちばんベーシックなところなので納得行くまで習得したい

今日のABLETON LIVE その4

AbletonLIVEにはPackと呼ばれる音源やらフレーズやらを詰め合わせたセットが用意されてるんだが、いちばん高いバージョンSuiteを選んだためそれが気が遠くなるほど膨大にある

f:id:tagkaz:20181204225344p:plain

これだけでもアホほどあるのに、まだDLしていないのが21パックもある

f:id:tagkaz:20181204225404p:plain

で、これがどれもめちゃくちゃ作り込んであって、適当にサンプルクリップを並べて抜き差ししていくだけでいい感じの曲ができちゃう
いや、これを曲というのはちょっと抵抗あるのだが、、、

打ち込み方、エフェクトのかけ方、ラックの構成、などなどこまかく見ていくとめちゃくちゃ勉強になりそうなんだけど、ちょっとずつ視聴するだけでも時間がいくらあってもたりない
しばらくは操作になれるのとどんな音源やエフェクトがあるか把握するに遊ぶのもいいけど、もうちょいしたら「こんな曲」を作るというのを先に持ってこないといかんなあ

f:id:tagkaz:20181204230148p:plain

しかもこれが容量を結構食うんだよな
内蔵SSD500GBあるけどもう半分以上使っちゃっててそろそろ心細い
一生使わないサンプルがほとんどなわけなので、よっぽど即戦力のぞき、一度アンインストールしちゃったほうがいいのかもな、、、

今日のABLETON LIVE その3

レコードからサンプリングしたリズムループをうまくWARP(タイムストレッチ)させる練習
最初からバシッと決まる場合も多いが、特に上モノ入ってる場合WARPポイントをうまく打っていかないときれいにループしない素材も結構ある
このあたりはTraktorのビートマーカーと似てる
ループポイント、ループ長、WARPスタートポイント、適切なWARPポイントなどを波形見ながら打つ練習。PC、PUSH、両方でやる
5つくらいループ作って並べてピッチ変えて同期する遊びしてたらいきなりLIVEごと落ちた
保存してなくて3時間分くらいがなくなって心折れたので今日はおしまい
こまめな保存大事


Ableton Live Tutorial - Warping Full Tracks (the right way) w/ !banginclude
これわかりやすかった

サンプリングしたリズムループをオーディオクリップのまま使うか、Simplerに入れてMIDIで扱えるようにするかどっちがいいんだろうな、、スライスしないんならオーディオのままでもいいのかな、、
あとS1000やMPCいじってたときは少ないメモリーやりくりしてたくさんのサンプル使えるようにしてたので、つい癖で必要なところだけクロップしてしまうんだけど、もしかして曲全体でもってても構わないのかな、、、

苦手(というかまったくわかってない)なMIXとマスタリングまわりで楽するために思い切ってizotopeのNEUTRONとOZONEを買った
各ループにNEUTRONを、マスターにOZONEをさしておけばデフォルトでもEQとコンプをいい感じにかけてくれるのでバラバラのサンプル音色がけっこうきれいに馴染んでくれる
まずは仕上げよりも曲作りに専念したいので買ってよかった
もちろん余裕ができたらそっちも学習する

f:id:tagkaz:20181202204012p:plain
コンプ

f:id:tagkaz:20181202203614p:plain
EQ

今日のABLETON LIVE その2

今日はYoutubeの公式LIVE10チュートリアルで座学
1項目は1分~5分と短いんだけど59個あるので半日かかっちゃった
これまでも何本かは見てたけどそろそろ通しで見る時期かなと思って
何度か見た動画もあるんだけど折に触れて見ると発見があるし通して見ることで全貌のスケールがつかめてきた
明日はまた触るぞ

www.ableton.com

音楽ソフト(DAWなど)の開発って「かっこいい音」「イケてるグルーヴ」「気持ちいい進行」みたいな感性や経験値からくる感覚的なもの(だけじゃないけど)をロジックに置き変え限界まで突き詰めてコードを作成した後に、それを感覚的にコントロールできるようUIを考えて戻していく作業なんだなあと感じる、、
ソフトを使って曲を作るのはもちろんだけど、開発する方もめちゃめちゃ楽しそう。あ、もしかしてMAXってそっちの楽しさもあるのかもな

今日のABLETON LIVE その1

Ableton LIVE10とPUSH2を使ってやったこと悩んだことなど記録していく

いろいろやりたいことはあるがまずはサンプリングだと思いレコードとCDのサンプリング環境をセッティング
ソースがCDのものに関してはリッピングしたデータがあればそれをLIVEにドラッグ&ドロップすればいいのだが、CDプレイヤーやターンテーブルで聞きながら”ここ”というところでサンプリングできる環境を作りたい
これが思いのほかつまずいた
理由はパイオニアのDJミキサーDJM250-MK2をオーディオインターフェイスとして使用しているため
DJソフトのREKORDBOXを使用する場合はそれだけで全部完結してとても楽なんだけど、DJM250-MK2(に入力されたCDやタンテの音)を入力ソースとしてLIVEにもってくることができなかった(LIVEの設定画面で入力デバイスをDJM250-MK2にしてもダメ)。LIVEからの出力をDJM250-MK2にわたすのはできるんだけどなあ、、
なのでオーディオインターフェイスは別途NIのAudio4DJを引っ張り出し、INPUTにCDPlayerとターンテーブルを、OUTPUTにDJM250-MK2を接続
これでうまくいきそうだったんだが、CDの音が激割れる
ケーブル変えたりいろいろやってたがダメ
いろいろしらべて結局Audio4DJのINPUTモードをソースによってLINEとPHIONEに切り替える必要がある、その操作は専用コントロールアプリでしかできないということがわかる

f:id:tagkaz:20181130211932p:plain

これでなんとかサンプリング環境完成
CDとレコードからサンプリングしたデータをループしたりパーツごとにスライスしてドラムラックへ配置したりそこからリズム作ったりした。楽しい

ただサンプリングしたオーディオファイルのワープ設定がいまいちうまくできないのでそれは次の機会にがんばろう
あとはサンプリングデータ(ワンショット、ループ、ドラムキットなど)をどのように整理・保存するかだな。これはきちんと考えないとあとからとっちらかるとおもうので次やる

あと今の接続だとLIVEで音楽制作やるときとDJ MIXERでDJプレイの練習をするときにケーブルを差し替えなくちゃならない。まあいいっちゃいいけどなんとかうまくできないかな、、