読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rickdom

東京とチェンマイを行ったり来たり

ゼアゼアはベルハーじゃない

BELLRING少女ハート There There There's アイドル

ゼアゼアに関してライブを3回見た時点(3/25)でかなりネガティブな感想を書いたけど手のひら返すよ!

活動開始から3週間でライブ11回目。新メンバーの成長は驚くほど早いし、仮ちゃんカイちゃんも絶好調だ
特にカイちゃんはなにかから解き放されたかのように弾けておりすばらしい
最初は8曲しかなかったレパートリーも3曲(ホーネット、グロリア、そして男の子女の子!!)増え、今後もハイペースで増えそうだし、新曲もレコーディングが終了したようだ
おそらく5月6日の2ndワンマンでは、BLITZのときとは比較にならないような長尺パフォーマンスを見せてくれるだろう

が、もちろんそれは想定内だ

ゼアゼアに対してポジティブな気持ちになれたのはそれが理由ではない
オレがネガティブな感想を書いた理由を一言で言えば「Radical Head」が受け入れられなかったことに尽きるんだが、それが自分の中で納得できるようになったからだ
なぜ「Radical Head」が受け入れられなかったかといえば、まったくベルハーぽくない曲とパフォーマンスだったからだ

そしてなぜ受け入れられるようになったかといえば夏の魔物のリリイベに2回行き麻宮みずほ(朝倉みずほ)を見たからだ
みずほはベルハー時代の危うい部分、キレッキレの部分が完全に消滅し、純粋にかわいさだけが残っていた
かわいいのモンスターになっていた。チェキで至近距離で話して本当に死ぬかと思った
そしてみずほisベルハーはもうこの世から消滅したんだなあと完全に理解した
悲しいけどしょうがない
みずほが望んだことだ

活動休止が決まった時は田中ふざけんなと思ったけど
みずほ、れーれ、カイちゃん、ヨネコ、みんな楽しそう(あーやんはまだ待機だからアレだけど)
結果を出すのは性急だけど、いまのところ打ち手としてはかなり正解に近かったんじゃないかな、と思う

ゼアゼアはベルハーじゃない
ゼアゼアはベルハーじゃない
ゼアゼアはベルハーじゃない

楽しんでいこう