読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rickdom

東京とチェンマイを行ったり来たり

自分でタグ付けしておいて勝手に公開されたっていうのはいいすぎかと

facebookで「自分のみ」モードで写真をアップしたら、いろんな人からコメントがついてて吹いたよ。 - 村上福之の誠にデジタルな話

この記事がはてブに上がってきたので、また共有設定のわかりにくさをネタにFacebookへの不安を強調した煽り記事か? と思いうんざりして読んだら違った


読む前はまたいつもの「誰かがアップした写真に勝手に自分がタグ付けされてた」案件かなと思ったのだが、これは「自分が非公開設定でアップした写真に自分で誰かをタグ付けしたら、その人に写真を見られてコメントが付いた」という話なのである

この人のやった行為をたぶんこうじゃないかなと再現してみる


f:id:tagkaz:20131203021739j:plain
まず「写真アルバムを作成」をクリックし

f:id:tagkaz:20131203023421j:plain
写真をアップロード

f:id:tagkaz:20131203023455j:plain
公開設定を「自分のみ」にしてから「写真を投稿」をクリック


f:id:tagkaz:20131203023533j:plain
するとこのようにFacebookがタグ付けを提案してくる

ここでは左側の人物が「田口和裕(これは自分なので問題ない)」右側の人物が「草川憲司」さんなんじゃない?だったらタグ付けする?と提案されている
(余談だがFacebookの顔認識技術の精度すごすぎる)

で、この人はそのまま「タグを保存」をクリックしたのだろう
そうすると、この写真は「自分」と「草川憲司」さんの2人に公開されることになる


最初は「自分でタグ付けしたんだからその人に見えるのは当然じゃん」と憤ったのだが、「いや、自分のページは自分の縄張り的な発想の人には理解できないと思うよ」との指摘を受けて考えなおした

このブログを書いた人も「タグづけしても、どうせ「自分のみ」だからいいや」と書いている

そうか、「タグ付け=その人に知らせる」という機能は一般には周知されていないのだなと理解した
(このブログの作者はウェブサービスのプロのはずだが……。)


なので、Facebookはこの画面に「タグ付けした人のニュースフィードにこの写真は表示されます」と表示するべきだ


とは言えやはりこのブログ記事は煽り過ぎだと思う

案の定、

顔本の邪悪っぷりは果てしねぇの… この、普通に使うとあれやこれやとダダ漏れになる凶悪ツールが何故流行るのか未だ理解不能

fb恐ろし過ぎだろ。真の情強でリア充意外お断り。晒すか晒されるかの殺伐とした世界

よくFacebookでプライベート写真を管理しようと思ったね…怖くてとてもできない。


といった「Facebookは怖い」「Facebookは邪悪」という拡大解釈したはてブコメントがたくさん付いている。Twitterはチェックしていないが似たようなものだろう

そんなことはない
コンテンツ共有に関する基本的な事さえ押さえておけばFacebookは怖くない
非公開設定にしなければだれでも閲覧できるTwitterよりもよっぽど安全なのだ

これが個人のブログならまだここまで腹は立たない
だが、おそらく原稿料をもらってプロが書いている商業原稿でこの記事はないと思う

この記事は単に不安を煽ってアクセス稼ごうとしているだけだ


以下にこの件の対処法を書いておく


f:id:tagkaz:20131203025011j:plain
提案されたタグ(友人の名前が書かれている部分)の「×」をクリック

f:id:tagkaz:20131203025046j:plain
タグが削除された


f:id:tagkaz:20131203025113j:plain
タグを削除しなくても「タグ付けをスキップ」をクリックするだけでもいい

このようにすれば「自分にしか見えない」設定にできる
ちなみに自分の名前のタグは削除しなくてもかまわない


ブログ作者にとっては「ネタにマジレス」かもしれないが、誇張された記事でFacebookにネガティブイメージが付くのを見てるのは、Facebookマニュアル本を作っている自分としては看過できないので書いた

【追記】
id:yaminusiさんのブクマコメントで、「タグ付け」は「(自分用の)分類行為」という指摘があった。
確かにEvernoteRSSリーダーなどではそういう機能だよな。なので混乱するのも当たり前か、という気もしてきた
オレちょっとFacebookの肩持ちすぎかも、、と少し反省


(誤認識等あればお知らせください)