読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rickdom

東京とチェンマイを行ったり来たり

ルースターズ@福岡サンパレス 2/16/2013

オレがルースターズをはじめて聞いたのは1986年の「KAMINARI」というアルバムだ。この作品を気に入ったオレは過去作に遡り大江慎也というとんでもないフロントマンがいたことを知った。

大江時代のルースターズは極端に音楽性を変化させていったバンドだ。1st、2ndはブルースを基調にパンクの激しさを加えた痛快ロックンロールだが、3rdの「INSANE」で陰鬱な曲が混じり始め、「ニュールンベルグでささやいて」、「CMC」という2枚の傑作12インチを挟んで「DIS」、「PHY」とニューウェーブに傾倒していく。どちらも素晴らしいのだがオレは両者のいいところが絶妙に交じり合った「INSANE」が一番好きだった。

だが、当時のルースターズ花田裕之と下山淳の双頭バンドであり、精神を病んだ大江慎也はもちろん池畑も井上もいなかった。

オレは1988年に上京したが、その年、ついに花田ルースターズも解散してしまった。つまりルースターズのライブを見ることは一度もかなわなかったのだ。

その後、花田のバンド「ロックンロール・ジプシーズ」や大江慎也のソロライブも行ったが、どちらも自分にとっては正直厳しいものであった。

「やっぱりルースターズ」だよな、、とレコードを何度も何度も聞いていた。特に大学時代は「DIS」が好きだったなあ、、

だが、大江と他3人の不仲の噂などもあり、ルースターズのライブを見ることは半ばあきらめていた。

 

ところが2004年、フジロックでオリジナルメンバーのライブが行われることになった。しかもこれが解散ライブだという。もちろん行き、絶叫し、泣いた。本当に本当にすばらしいライブだった。

 

解散はしたものの、その後も4人の関係は良好のようで全員が揃うことはないが、大江と花田は散発的にライブを行うこととなる。そして2009年にはついに解散したはずのルースターズとしてのライブも行ったようだ。

だがなぜか行く気にはなれなかった。勝手だが自分の中でルースターズを終了させていたのだ。

 

しかし今回の福岡サンパレスは違った。自分でもわからないのだが、これは絶対に見ておかなければいけない気がしたのだ。

 

結果的にその決断は成功だった。以下ライブの様子を書く。

 

大江はジャケット、池畑と井上はキメキメスーツ、花田だけ革パンにゆるいシャツで登場。

フジロックでは1st、2ndの曲とブルース・クラシックが中心だったのだが、今回は違った。

1曲め「テキーラ」からなんと「She Broke my heart's Edge」を演奏したのだ。イントロを花田が弾きだしたときはほんとに信じられなかった。そして死ぬほど上がった。

その後も「GOOD DREAMS」、「I'm Swaying In The Air」、「SAD SONG」、「Venus」など「DIS」、「PHY」からの曲をたくさん演奏した。大江が不調になりだした頃の、井上や池畑はほとんど参加していないであろう曲だ。特に「Venus」は素晴らしかった。

なんというかピリピリしまくってたフジのときとは違いものすごくリラックスした感じに見えた。特に大江が楽しそう。何度も花田や井上の方を見て笑顔を見せていた。声もガラガラだしミスも多かった。特に代表曲である「恋をしようよ」の花田とかけあいのところで入りを間違えて全然歌えなかったのには驚いた。だが、それよりなにより大江が楽しそうに音楽を演奏している姿を見れたのがうれしかった。相当4人の関係はいいのだろう。なんと新曲まで披露されたのだ。

あと、「Case of Insanity」で最後のバースを日本語で歌ったのにも震えた。「朝目が覚めて、たくさんの顔が見えた、人はそれを狂気と呼ぶ、でもボクは気にしない」みたいな感じ。

アンコール3回やった後、「またどっかで会いましょう。Music is Continue」と大江のMCで終了。その後もう一度4人で出てきてお互い手を取ってバンザイしてた。花田が恥ずかしそうだった

 

おそらく今後も4人で活動をやると思う。というかアラバキへの参加が発表された。

さすがにアラバキは行けないが、もう変なこだわりもなくなった。行ける時はなるべく行きたいと思う。

 

 

公式セットリスト

 

M 1 テキーラ

2 She Broke My Heart's Edge

3 Good Dreams

4 I'm Swaying In The Air

5 Hey Girl

6 ロージー

7 Girl Friend

8 I'm A King Bee

9 Fool For You

10 Chocolate Wine(新曲)

11 Leather Boots

12 She Does It Right (Vo. 花田裕之

13 Baby Sitter

14 ニュールンベルグでささやいて

15 Venus

16 Case Of Insanity

17 Sad Song

18 Let's Rock (Dan Dan)

19 恋をしようよ

20 C.M.C.

 

EN1 

21 C'mon Everybody

22 We Wanna Get Everything

23 Little Red Rooster

 

EN2

24 新型セドリック

25 One More Kiss

26 Sweet Home Chicago

 

EN3

27 どうしようもない恋の唄

28 Mona (I Need You Baby)

 

THE ROOSTERS(紙)

THE ROOSTERS(紙)

ROOSTERS a-GO GO(紙)

ROOSTERS a-GO GO(紙)

INSANE(紙)

INSANE(紙)

DIS(紙)

DIS(紙)

φ(PHY)(紙)

φ(PHY)(紙)